読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にわとりはなくよ

酉年うまれが 自分と向き合いながらアウトプットする 骨格診断ストレート 断捨離

どんな服を着ていこうか?

はっきり言ってファッションの事を考えるのはめんどうです。


洋服で悩むことの1番は、服を持ってるのに来ていく服がないと悩む事です。

洋服あるあるですね。

上下のコーディネートを合わせずに買ってしまうことを止める

これを思い続けてはや幾年

なかなか出来ないんだけど!
というか骨格診断でストレートなのは、理解したけれど、着なれない服なので余計に混乱してしまいました。

買い物同行つきの骨格診断を受けましたが、その時はストレート向きの服を着ても頭が追い付かずあまり買わなかったのです。

改めて、本やネットで調べてみて
「よし、買いにいくぞ」
と出掛けてみたら

ストレート向きの服がない

今現在のはやりは、ゆったりした作りばかり。

ウーム。
ただの白シャツですら、ドロップショルダーばかり。
今までアースカラーの服を着てきたので明るい色味の服を拒絶してしまう自分がいます。

今が一番若いということを意識していきたい。


今は、持っている服を把握するために仕分けしてからアプリに登録してます。

ちょっと断捨離

靴を捨てました。

先の丸いパンプス2足(ウェッジソール)
へたったスニーカー1足
ナチュラル系のブーツ1足

そしてベージュのパンプスを購入

他に買うとしたら、スリッポンタイプのスニーカーかな。

私も行く道だよ【認知症】

私の住んでいる場所は、埼玉の田舎なので回りは高齢者ばかりです。
仕事は、飲食店なので割と高齢者の方々が多く接することがあります。

常連の方々も段々とお歳を召してきます。

私の祖母は、アルツハイマー認知症なので大体の行動を経験しております。
ですので「このお客様は、もしかして?」と思うことがあります。

専門的な知識があるわけではないのですが、こんな行動をしていたらを注文を受ける時に慎重に行動しようかと思うということです。


認知症かも?と判断する行動

  • 支払いをするときに「安いね」「こんな値段だった?」と言ってくる。
    • 他にも支払ったことを忘れてしまう。
  • お財布に必要以上のお札が入っている。
    • 持ってないよりもお札がいっぱいなお財布を持っている方のほうが要注意です。
    • 小銭がいっぱい入っている。
  • 注文を何回も確認する。
    • 特に電話口での注文を受ける場合に同じ話をずっと繰り返す。
    • またこちらの質問に応えようとしない。とにかく一方的に話をし出す。
  • お茶を何度も頼んでくる
    • 女性の方に多いです。まだ、湯飲みに入っていてもどこかにこぼして求めてきます。

私的な判断基準です。

でも買い物という昔からしている行動をうまく対応出来なくなったなとおもったら認知症を疑ったほうが良いと思います。

基本的にお金のやり取りをする場合は、慎重になりますし、言った言わないの水掛け論になった場合にこちらが折れないと終わりにならないということ多々あります。



認知症初期の時に病院にどう連れて行くのかが問題

祖母の場合は、とにかくお金がなくなったと騒ぎたてることが毎日続きました。
財布、通帳、通帳カード
これらをどこか別の場所に移動させて忘れてしまい、大騒ぎするのです。
家族を泥棒扱いします。
特に私は、定期的に銀行からお金をおろしてくるように頼まれいたので疑われました。

「おばあちゃんのお金がなくなっちゃったの。
どうやら泥棒に盗られちゃった。
返してくれたら、おばあちゃん何も言わないからね?」

と諭すように何もしていない私に言うのです。
この家には、泥棒がいる!
は、かなりのストレスがかかりました。

他にも、何度も同じ商品を買ってくる。
自分が買った下着を忘れて、誰かが入れたと騒ぐ。
人の部屋から物を持ち出す。
犬に食べさせては、いけない食べ物を食べさせる‼(死にかけた事があります!)

家族がストレスで突発性難聴になったり、あまりに理不尽な事を言うので喧嘩になるとこもありました。

今でも思い出せます。
祖母がデイサービスに初めて行った時の清々しい空気。
祖母が短時間でもいないという事を心からよろこんでいる。

体験してない人には、分かりにくいかも知れません。

これからは、私の親がその域に入って行きます。
長く生きるのって大変。
介護を体験したことがある人とない人。
自分の老いを感じとれる人。

祖母の介護を体験している今、親がどんな事を考えているのか話合うのが良いのかも知れません。

完璧を求めずにちょっと頑張る

ブログを書くのが大分空いてしまいました。
勉強のためにと他のブログを読んでは、自分の書いた文の読みにくさや内容の薄さに勝ってに凹んでしまう。
改めてたいしたことが出来ないのに完璧を求めてしまう性分に落ち込みました。

誰も読んではいないのに気にしてるのが恥ずかしい

自分を育て直すために

机上の勉強だけで満足したつもりになってしまう。
実際に必要なのは、他人との接触から学ばなくては自分の身にならないのにね。それを避けてしまい、後から後悔の渦に飲まれてしまいます。

なぜ、私以外の人たちが出来る事が出来ないのだろうか?
ずっと思い続けていた。
やっと、私が行動しなかったからだとようやく理解することが出来た。
わかっていたのに見ない振りをしていた。


ずっと親からのいい子を抜け出せない

アラフォーなのに。
それを心地良く思っていて、しがみついている自分に嫌気を感じる。

人と関係を作るのは、とても疲れることだった。

ずっと受け身な行動を続けてきて、自分の事を大切にしてこなかった。
扱いにくい自分の心に自分がダメ出しをし続けていたから毎日が憂鬱な気分のままで過ごしていた。

しおちゃんの介護が頼られてるということを感じることが出来る時間だったからね。

みんなが10代20代で学んでくることを今から学ぶのかと思うと深い穴の底に入り込んでしまいたい気持ちが強くなります。

でもコレは、私が受け止めて行くしかない選択。

ちょっと断捨離

引き出しの中で幅をとっていたタイツを捨てました。

タイツを捨てる基準

一年以上履いてない

足先の毛玉がある

肌当たりが悪いもの

体はひとつだけなのにタイツがいっぱい有りすぎる事が判明。

タイツを16足捨てました

その内黒タイツが9足。
タイツは、気軽に買えてしまうから増えていくし、ストッキングと違い捨てる時期が難しいのです。


残したものは、ジップロックに入れ保管。
色とデニールを書いておけば探す手間が省けます。


これからタイツを買う基準

スタンダードなもの
模様や透かしの無いタイプ
40~80デニール
黒かネイビー、チャコール

カラータイツは、買っても履かないですし、透かしの模様タイプも1回キリでした。
ニットのタイツは、かゆく感じる。

小さな金額だからこそ無駄にならないような心掛けをしていきたいです。







骨格診断を受けてきた

自分のセンスもなければ、似合う似合わないがわからない。
ならプロに教えてもらうのが近道でしょう!

ということで

骨格診断を受けました

ネットの自己判断は、ウェーブでした。

そして、診断結果は

まさかの 【ストレート】


わぁー!ストレートの服持ってない。
&着たことないかも知れない。
ストレート、ウェーブ、ナチュラルの説明を受けてる時に捨てた服のほとんどがナチュラルだなぁ。と

診断のあとお買い物同行もしてもらったのですが、あまりに見慣れ無さすぎ&着なれない!で違和感を覚えまくり!

でも、絶対自分では、着ない服を何枚も着てみて「へー。おもしろいな」と

うーん。ストレートの服を着ている自分に素敵と思えないのは、着たことが無さすぎて、頭がついていかなかったのだと思います。

家に帰って、思い返すとあのオールインワンは、似合っていたなぁ!とか思いました。
でも、うん。着ていく場所が無いや。

あっでもストレートが似合うVネックのハイゲージのニットを昔ヘビロテしていたなぁ。
ちょっと細身で着ていて1番しっくりしていたな。
と思いました。

なんとなく、でも似合っているものを選べていたこともあったのでしょうか?

ちょっとくすんだ色味が似合っていたから、パーソナルカラーは

【サマー】

かも?っていうのを聞いて、こっちもびっくり。
ネットの自己判断は、オータムだったので。

一応の指針が出来たので、これからクローゼットの中身をどんな風にして行くかを考えていこう。

別にストレートだからウェーブやナチュラルのタイプを着ては、ならぬ!
という話では、ないので頑張って服のコンプレックスを時間をかけて解いていこう!



欲しかったセンタープレスのパンツを買えたのが良かった。

アクセサリーの選び方もわかったし、すごく勉強になった。

自分の持ってきた服と照らしあわせて、いろいろなことを考えよう。

最後まで作らないハンドメイドの残骸

自分のなかで捨てられないもの第1位は、ハンドメイド関係のものです。

100均に行って必ず見る場所は、ハンドメイドのところです。

見てるだけで楽しい!
いや、見てるのが楽しい‼

ハンドメイドも色んなバリエーションが増えていて100均だから、まぁいっか!で買ってしまう。
ちょっと作ってみて楽しかった!
もっと作りたいな‼
買ってこよう‼‼もっと素敵な物を作りたいなー
ネットで調べよ!わぁー。迷うなぁ!
で作らないまま終わる。

あと、フェリシモのハンドメイド雑誌クチュリエとかとても素敵に見えて、キットを買ってしまうんです。
色んなバリエーションのキットがあって眺めるのが楽しいです。
今は、絶対買わないために期限切れのクチュリエを眺めてます。
眺めるだけでストレスが発散できる!

今まで買ってきたものは

ビーズ、羊毛フェルト、レース編み、刺繍、消しゴムはんこ、ダディングレース、クルミボタン、レザークラフト、樹脂粘土、手まりなど

一応、選別してみて残ったものは、
鍵編み棒、ダディングレースのキット、刺繍キット、羊毛フェルト
ビーズは、すごい迷い中。

あとは、頑張って材料、作品共に処分しました。

それでも引き出しの1つを占領してるのです。
別にミニマリストを目指している訳じゃないので、これでも良いと思いますが、これから使うかわからない物でもあります。


うーむ。
やっぱり捨てられない!

保留!
あまり悩んでも先に進めないので保留しておきます。
いっそ、大作を作ろうかな!

で作らないですよねー

最初に戻る。


思考のループ

メルカリで納得して捨てる

メルカリで不要品が小金になるのが楽しくてしょうがない‼

2年前にホットカーペットを買って使っていたんですが、高齢柴犬のシオちゃんの介護をするために1ヶ月もしないうちにしまいました。

ホットカーペットは、私には使い勝手が悪くて捨てようかと思って出品したら売れました。

3分の1くらいの値段が返ってきてよかった。

私が出品してたなかでコンスタントに売れたのは、ユニクロの服でした。
みんなが知ってるサイズ感なので買いやすいのでしょうね。
特に細かく書かなくても売れました。


意外なものが売れて、自分が売りたいものが中々売れないのが興味深い。
ハンドメイド系の本は、ポンポン売れるのにコミックまとめ売りは、買い手が出てくれません。
アーティストのポスターも買い手が結構いました。

出品しても注目もされなかった財布が値下げ交渉もなく購入してくれて、値段交渉を前提した値段だったので、ちょっとの罪悪感と共に高めの入金が嬉しかったです。

前からキンドルが欲しい思っていまして、メルカリの売上で買おうと思っています。
まだ先は遠いですが。

出品するためのデータを書き出すという行動がその出品するものを数字で客観的に見ることが出来て、はっきり要らないなと思えました。

購入した年月
金額
使用頻度
丈や幅などのデータ
素材

を出すと
保有した時間が長くて使用してなかったら、もう自分には必要な物ではないと判断が出来て迷わなかったです。

値段が高かろうが捨てることが出来ました。
本当は、どこかに売ってしまえば良いと思いますが、あの時「捨てる」という行動がしたかったのです。

曖昧な感情から客観的な判断に切り替わった瞬間でした。

いいね!がつかない本も服も、もう少ししたらどこかに売ってしまうつもりです。

ときめくを実行すると何も残らない

ときめきを判断にすると確実に着るものがなくなるのが目に見えています。

私は、平均よりも背が低いので服はだいたい残念な事になります。
丈つめ袖つめをしてから着ることが多いです。


シンプルな生活やミニマリストの方々が提唱する服の制服化に憧れがあるけど、何をどう決めたらよいのかさっぱりわかりません。
仕事着は、制服化できても私服は制服化する能力がありません。
自分に合うものがわからなくてただネットをみて素敵と思い散々悩んだ末に買って後悔する。

クローゼットの中身を把握してから、これを買おうと思ってもお店に並ぶ多量の情報を目の当たりにすると脳がフリーズしてしまいます。

定員さんを味方に思えないのも苦手な原因。

あと試着室の鏡って必ず細く見えるようになってるよね‼

あれホントにやめて欲しい。
家に帰って着たときの落差が半端なくて落ち込みます。
スタイルの悪い自分が一番駄目だとわかっているけれど‼

あと今必要な服じゃなくて、未来の自分が必要なんじゃないかと思って買う服は、結局着ないままに終わる事が多い。


今、自分が持っている服に対するモヤモヤしたものが晴れたらよいのになー
と思ってるのです。

今まで着ていたものが似合わないような気がするなら変えていかないとずっとモヤモヤを抱えたままで過ごしてしまうからどうにかしたい。
でも、それに対応するすべを持ち合わせてないからいつまでもネットで調べて時間を潰してしまう。

友達に頼ろうとしても、自分の買い物とかしたいだろうし、迷っている時間を待たせるのも気が引けるしで駄目ですね。

人が自分に時間を使ってると考えてしまうと申し訳なさがたってしまう性分なのです。

とりあえず自分の持っている服を把握することを実行します。

雑多に考えるて迷って途方くれてしまうなら今確実に実行できるものをすぐにやるようにします。