google-site-verification: google6e5c74db842cca53.html

にわとりはなくよ

酉年うまれが 自分と向き合いながらアウトプットする 骨格診断ストレート 断捨離

「欲しいな!」と「必要なのか?」

欲しいものが本当に必要なのか?

骨格診断を受けてから服を探すことにある程度の道しるべが出来たような気がして楽になりました。

可愛いということより、似合う方が今の自分にとって大切な事。


ちゃんと試着をする。
試着をして似合わないと思ったら要らないと言う。
声をかけられても、ビクッとせずに
「ありがとうございますー」
と笑顔で言う。


基本ですけど、今まで出来なかったので大きな進歩だと思います。



季節の変わり目になにか羽織るものが欲しいなと思ってました。
ニットを着た場合カーディガンだと素材が重なってしまうし、ウールのコートだと重すぎるしで何を買ったら良いのか?

ストレートだとテーラードジャケットが一番似合うみたいだけれども、そんなにカチッとしたスタイルは、普段だと必要ない。

ユニクロで白のデニムジャケットを着たら丈も素材も似合ってると思って欲しかったけれど、ちょっとこれではないなと思って買うのを見送りました。

もう少しきれいめを探したい。

それで見つけたのが

Rew de Rew - ルゥデルゥ

というブランドのデニムのライダースジャケット

着たときに「これを探してたんだ」
と思えて、持ち服と合わせても違和感なく着れた。


ショップでかかる魔法が家に帰ってからも溶けなかったよー
ちゃんと必要な服を見つけられたんだなーと思えたのが嬉しい!