google-site-verification: google6e5c74db842cca53.html

にわとりはなくよ

酉年うまれが 自分と向き合いながらアウトプットする 骨格診断ストレート 断捨離

ウサギは、水を飲まないって教えられていた

小学6年生のとき、飼育係でウサギの世話をしてました。

ウサギ小屋の掃除とえさやり。

エサは、各自で持ちより量とか野菜の質とかマチマチ。

それにウサギ小屋に水飲み場がなかったのです。

先生に聞くと

「ウサギは、水を飲まない」

っておっしゃってました。
野菜で水分とるから要らないんだそうだ。


そんな馬鹿な。

だって、雨で濡れた地面をなめてるウサギいるし、動物で水飲まないって聞いたことないし!

そう思いつつ、先生の言うことだからそうなんだろうなと思って言うとおりにお世話をしてました。

でも、ウサギが水を飲まないって信じられなくて物は試しと家からお皿を持ってきて水を入れて置きました。

飲まなかったら持って帰ればいいやと思って。

ウサギ、速攻で水を飲んでた

7匹のウサギが野菜に目もくれず、水を飲んでた。

初夏くらいの陽気だったからこれくらいの時季だったと思うですけど、一緒に係りをしていた子も驚いていたのを覚えている。

そのあと、点検に来た先生も驚いていた。

根本的にエサが足りなかったし、適正な環境じゃなかったのだと思います。
ウサギを飼育する予算とか組まれていたのかもよくわからなかった。
病院とか連れて行ったことないんじゃないかなー


成人してから小学校に行く機会があったのでウサギ小屋を覗いてみたら、ペレットと野菜と私が持っていったお皿がまだ使われていた。

ウサギ用のペレットが投入されていたのは、良かったけれどあの皿を何年も使っていたのかと思うと唖然とした。
ペットショップに行けばドリンクホルダーとかあるのに。



結局、教室で飼う虫とかじゃなくて学校全体で面倒みてるとかなので責任の所在がはっきりしないんでしょうね。

今思えば、名前とかついてなくて体重とかも計ってなかった。
ただ、漠然と飼っていたのかがよくわかります。
責任のない飼い方



犬のしつけ方も17年前は、叱って上下関係をはっきりさせるが主流だったのでよく、叱ってばかりだったなと



妹夫婦が犬を飼い始めたのですが、子犬のためのケージ、餌やサプリメントなどを一式揃えてから迎えに行っていたので時代が変わったなー
ペット保険も入ったそうです。

ペット環境もどんどん変化していって素敵なことですね。

とてつもなく可愛いこなので是非ともさらってこようと思います。